STYLING

574S vs 520 STYLING Vol.2

2017.08.29

スタイリスト松川聡による、秋のスタイリング提案

2017年秋冬シーズンにニューバランスがイチ押しするモデル「574S」と「520」。この2つの新作を取り入れ、これからの季節に合うスタイリングを人気スタイリストの方々にコーディネートしてもらう本企画。Vol.2は、アメリカンカジュアルからシックまで幅広いスタイルリングを手掛ける松川聡さんが登場。スニーカーのイメージに合わせ、対照的なスタイルを提案していただきました。

01_matsukawa_574

574S STYLING

ダークトーンを調節したハイブリッド×クラシックなスタイル

「574S」はフィット感が抜群ですね。グレーの感じも良いですし、遠目から見るとデジタルカモに見えませんか? クラシックにもハイブリッドにも使えるバランスの良いデザインで、ジャケットやシルクのショートパンツにも合わせやすい優れものですね。スタイリストという仕事柄、黒子に徹するのが良いなと思っていて、自分が着る服の色はブラック、ネイビー、グレーのどれかなんです。今回も、色の差が微妙で分かりにくいかもしれませんが、ネイビーとブラックで合わせてみました。意識して見ると、ブラックやネイビーという色は、スゴく奥が深いんですよ。

02_matsukawa_574 03_matsukawa_574
04_matsukawa_574 05_matsukawa_574

styling

シューズ:
ニューバランス MS574〉14,400円(ニューバランス ジャパンお客様相談室 0120-85-0997)
シャツ:
〈COMORI〉スタイリスト私物
Tシャツ:
〈PRO CLUB〉1,680円(GROW AROUND 03-5489-4333)
ショーツ:
〈H BEAUTY & YOUTH〉18,000円(H BEAUTY & YOUTH)
サングラス:
〈ayame〉スタイリスト私物
※すべて税抜きの価格となります
01_matsukawa_520_2

520 STYLING

ヴィンテージ感のある足元にチカーノスタイル

仕事でチカーノのスタイルを調べることがあり、改めてチカーノファッションは面白いなと思っていたんです。昔の自分であれば、この手のクラシックタイプのスニーカーにデニムを合わせるなど、スタンダードなスタイルにしていたと思うんですが、「520」を見たとき、ヴィンテージスニーカーを履いているチカーノの姿がイメージで出てきたんです。そこで<ディッキーズ>のハーフパンツが似合うのではと思い、このスタイリングを考えました。元々僕は、<ディッキーズ>に<ニューバランス 990>を合わせて履いていたこともあるんです。トップスもボトムスも大きめのサイズで、全体的にボリュームのある感じにしました。

01_matsukawa_520
04_matsukawa_520 06_matsukawa_520

styling

シューズ:
ニューバランス U520〉11,800円(ニューバランス ジャパンお客様相談室 0120-85-0997)
シャツ:
〈HED MAYNER〉40,000円(L’ECHOPPE 03-5413-4714)
Tシャツ:
〈CAMBER〉4,900円(L’ECHOPPE 03-5413-4714)
ショーツ:
〈Dickies〉5,900円(Dickies PRESS ROOM 03-6434-1582)
ソックス:
〈H BEAUTY & YOUTH〉1,800円(H BEAUTY & YOUTH 03-6438-5230)
サングラス:
〈ayame〉スタイリスト私物
※すべて税抜きの価格となります

松川聡 / Satoshi Matsukawa

スタイリスト

photo:Yoshiteru Aimono
text:Kana Yoshioka