PRODUCTS

WRT580

2015.12.17

アメリカにて「576」の後継、オフロード用トレイルランニングモデルとして発売されていたMade in U.S.A.のモデル「585」、その改良モデルとして1996年に誕生したのが「580」です。

2000年には、ヘクティク(HECTIC)とミタスニーカーズ(mita sneakers)の2店がコラボレーションモデル「MT580」をリリースし、今までのニューバランスには見られなかったボリュームのあるフォルムと抜群の機能で、多くのファンから絶大な支持を獲得。その人気はアジアへも飛び火し、各国で爆発的な人気を博しています。

01

そんな名作が、高機能ミッドソール「レブライト(RevLite)」を搭載し、アッパーの形状も見直すことで、軽量化・機能性アップとともにスリム&シャープなシルエットを実現させてハイブリッドなモデル「MRT580」にリノベート。「580」の新たなステージを切り開きました。

そして、「580」の人気はメンズのみにとどまらず、ウィメンズモデル「WRT580」も登場。2015年秋冬には、アッパーはベーシックなカラーで仕上げつつも、ネオンカラーとドットを各所に配して、ポップに仕上げたモデルが3色リリースされます。

コートやアウターなど重厚になりがちな冬の装いを軽やかにしてくれるスニーカーは、1足持っているとかなり重宝しますので、ぜひ一度お試しください。

02

さて、この「WRT580」について、ニューバランスのデザインチームにインタビューしてきました。


—「580」のウィメンズのマーケットにおける反応は、いかがですか? 国内、海外ともにお答えください。

デザインチーム:国内における反応としてはストリートファッションに影響を受けるような、スニーカーヘッズな女性に反響を頂いているという印象です。海外におきましては「580」が持つヒストリーそのものも含めて、特にアジアでストリートファッションを牽引する女性達にご好評を頂いています。

03


—今季のアッパーのマテリアル使いやディテール、カラーリングなどデザインポイントを教えてください?

デザインチーム:ベーシックなアッパーカラーを採用しつつも、ネオンカラーをアクセントに、ドットパターンで他のクラシックランニングには無いオリジナリティーを演出しています。アッパーがベーシックカラーであることでコーディネートがしやすいところもポイントです。

—ありがとうございました。