PRODUCTS

MRT580

2015.10.22

アメリカで発売されていたMade in U.S.A.のモデル「M585」。その日本改良品モデルとして1996年に登場したのが「MT580」です。

発売当初はそこまで人気が出ませんでしたが、ヘクティク(HECTIC)とミタスニーカーズ (mita sneakers)の両雄が注目し、2000年からコラボレーションモデルをリリースし続けたことにより、ストリートでの人気が爆発!日本だけにとどまらず、韓国や中国、シンガポールといったアジアシーンにも多くのファンを獲得し、ニューバランスの名作に名を連ねました。

01

そんな「MT580」が、2013年に新たな高機能ミッドソール「レブライト(RevLite)」を搭載して、ハイブリッドなモデルにリノベートされたのが「MRT580」。ソールだけでなく、アッパーの形状も見直して、軽量化・機能性もアップするとともにスリム&シャープなシルエットを実現しています。

2016年秋冬は、”ワイルドサバイバー”をテーマに掲げ、トレイルシーンにもフィットするようなアウトドアテイストのカラーリングに、ヴィヴィッドなアクセントを施した3色が登場します。ベースにはグレーやブラウン、ダークブルーなどクラシックなカラーを採用しながらも、各パーツにパープルやピンク、ターコイズなど鮮やかな挿し色を配し、アーバンな印象に仕上げています。

この「MRT580」の魅力についても、ニューバランスのデザインチームに訊きました。


—1996年に登場して来年で20周年ですが、ニューバランスにおける「MT580」の存在とはどういったものですか?

デザインチーム:「MT580」は、Made in U.S.A.のモデル「M585」の日本改良品番であり、2000年以降に様々なショップとのコラボレーションによりストリートシーンでの存在を確立することができた、キーモデルです。2013年にはREVLITEソールでライトウエイトモデルとしてアップグレードされ、現在に至っています。

02


—レブライトを搭載した「MRT580」にアップグレードされ、海外を含め、マーケットの反応はいかがですか?

デザインチーム:アジアパシフィックを中心に、今までアーバンノイズシリーズ、90sインスパイヤーカラーなど数々のテーマやカラーバリエーションを展開し、ニューバランスのフランチャイズモデルとしてグローバルで展開。各所で良い反応を得ていると思います。

03


—今季のアッパーのマテリアル使いやディテール、カラーリングなどデザインポイントを教えてください?

デザインチーム:アッパーにはヌバックレザーを使い、アウトドアカラーでの提案をしています。GAカラーは、90年代のトレイルランニングモデル「MT555」のオリジナルカラーを採用しているのも特徴です。

—ありがとうございました。