PRODUCTS

CRT300H

2015.11.27

1979年に登場したコートスタイルのテニスシューズ「CT300」のアッパーはそのままに、高機能で軽いミッドソール「レブライト(RevLite)」を搭載させたハイブリッドなモデル「CRT300」。そのハイカットモデルが「CRT300H」です。

2015年春夏には、ホワイトとネービーの2色をキャンバス素材で展開していましたが、秋冬は米・ウルヴァリン(WOLVERINE)社製の上質なピッグスキンスエードをベースにアレンジし、高級感溢れる表情にアップグレード。オーセンティックなグレーとレッドの2色で展開します。

今季多くのモデルに見られる、同色”N”マークは「CT300H」でも採用。ハイブランドがリリースするスニーカーのような表情で、どんなスタイルにも合わせやすい一足に仕上がっています。

見た目はクラシックですが、「レブライト(RevLite)」を搭載しているため、軽くてクッション性も高く、履き心地・歩きやすさは抜群! ハイカットで秋冬の装いにマッチするのはもちろん、春夏にはショーツやハンパ丈のパンツにもスタイリッシュに合わせられ、汎用性は想像以上に高く、その割にはお手頃ですから、ぜひ一度試してみてはいかがですか?

さて、この「CRT300H」の魅力について、ニューバランスのデザインチームにインタビューしてきました。


—定番モデルへと成長している観のある「CRT300」ですが、ハイカットモデルの反応は、いかがですか?

デザインチーム:ローカットのCRT300が認知度も高くポピュラーになったのと、冬の装いにハイカットの需要も高いのではないかと考えています。

01


-今季のアッパーのマテリアル使いやディテール、カラーリングなどデザインポイントを教えてください。

デザインチーム:オールスエードで、レザーにパンチングしてアクセントを加えています。 挿し色のグリーンはグラスコートをイメージしています。 今回は”N”マークもトーナルカラーで抑え、ブーツライクな印象に仕上げています。

02


—オーセンティックなグレーに対し、アザーカラーにレッドを選んだ理由は、なぜですか?

デザインチーム:メンズ、レディースどちらの方にも履いて頂ける様なカラーを考慮した結果、レッド を選びました。 全体的には単色でまとめているので、シンプルなアクセントとしても合わせて頂けるのではないかと思います。

—ありがとうございました。