HISTORY

NB HISTORY vol.07 「990」

2017.11.03

1982年にデビュー、100ドル(当時1ドル=280円)という当時のスニーカーとしては高価な価格と、“On a scale of 1000 this shoe is a 990.(1000点満点で990点に到達した)”と広告でアピールするほど、性能の高さに自信を持って世に送り出されたモデルが「990」です。

01_990

もちろん、高額なのには訳があり、飛躍的な安定性とクッション性を実現する「エンキャップ(ENCAP)」や、「モーション・コントロール・ディバイス(M.C.D)」と呼ばれる踵部安定板など、最先端の技術を搭載することで、他に類を見ないフィッティングや履き心地を提供し、タウンユースモデルとして絶大な人気を獲得しました。

その後、後継モデルとして「995」「996」「997」「998」「999」と、今でも人気を誇る名作を立て続けにリリース。初代誕生から16年後に当たる1998年に、再び「990」のモデル名で当時の最新機能を搭載し、アップデートしてリリースされたのが「990v2」です。

02_990

「998」や「999」のデザインの流れを受けていたモデルのため、“N”マークは小ぶりで、アッパーデザインも初代からは大きく進化。アブゾーブ(ABZORB)、エンキャップ(ENCAP)、エヌデュランス(N durance)といったニューバランスが誇る最新テクノロジーを採り入れ、抜群の履き心地を提供しました。

この流れは「991」「992」「993」と続く後継モデルに引き継がれ、再度そのフィロソフィを結集させ、2012年に同じ「990」のモデル名でモデルチェンジを遂げて登場したのが「990v3」となります。

03_990

この「990v3」は、アーチ部分にグラファイトスタビリティウェブを採用し、ねじれの防止と軽量化に成功。そして、アウトソールの前足部にブローンラバーを用いることでソフトな着地と軽量化を実現し、前モデルとなる「993」と比べて10グラム軽くなっています。さらに、インソールにはクッショニング性を向上させる「エチレンビニルアセテート(EVA)」を搭載したカップインソールを使用するなど、機能的にも大きな進化を遂げました。

04_990

その発売から4年が経過した2016年には、3度目の進化を遂げた「990」が登場。「990v4」と銘打たれ、ミッドソールには耐久性やクッショニング性を誇る「アクティバライト(ACTIVA LITE)」を使用した「エンキャップ(ENCAP)」構造を搭載。アウトソールには、耐摩耗性に優れた「エヌデュランス(N durance)」を採用するなど、スムーズな足入れや足運びを実現。加えて、360度どの角度からも再帰反射するよう、つま先、踵、“N”マークにも反射素材を装備し、夜間での視認性を確保しています。

ニューバランスが誇りと技術を結集させ、常に進化させながらフラッグシップモデルとして世に送り出し続けるモデルこそが「990」。現会長ジェームス・S・デービスの肝入りでもあるため、今後も素晴らしい「990」がリリースされ続けるはずです。