HISTORY

NB HISTORY vol.03「580」

2016.02.29

かつて、アメリカで発売されていた、Made in U.S.A.のモデル「585」の日本改良品番として1996年に誕生したのが「580」。

「576」 同様に、オフロードランニングモデルである「580」は、着地面積の広いフラットなソール形状で、軽量で堅固、かつ卓越した安定性を持つグラファイト素材ロールバー(ROLLBAR)を採用することで、足の沈み込みを防ぎながら、快適な履き心地を提供しました。

発売当時は、そのポテンシャルの高さや魅力がなかなか理解されませんでしたが、1990年代後半に入るとニューヨークや東京のストリートシーンでは都会的にアップデートされたアウトドアスタイルが徐々に浸透。そんな足元に欠かせなかったボリュームのある特徴的なフォルムを備える「580」は一部のファンから絶大な人気を博しました。

そんな追い風に乗るように、1999年にはヘクティクとミタスニーカーズとニューバランスという3社によるコラボレーションの構想がスタート。翌年2000年には「MT580 “HECTIC x mita sneakers”(MT580″ヘクティクxミタスニーカーズ”)」がリリースされ、当時としては画期的で、先駆けとなったショップ主導コラボレーションモデルが誕生します。

このコラボレーションにより「580」は不動の人気を獲得し、今や日本を飛び越え、アジアはもちろん、世界のスニーカーヘッズから絶大なる支持を得るまでに成長。ニューバランスを代表するモデルのひとつに昇華されました。

その後、”REVOLUTION(革命)”を語源とした最新テクノロジーであるレブライト(REVLITE)を搭載させ、アッパーも洗練されたシャープなシルエットにアップデートさせた「MRT580」をリリース。2016年に20周年を迎えた「580」は、REENGINEERDシリーズも登場し、さらに進化を続けています。