HISTORY

NB HISTORY vol.02「M576」

2015.09.18

そのポッテリとしたフォルムと、バリエーションの幅で人気を獲得し、ストリートでも大ブレイクしたモデル「M576」。

ニューバランスの中ではややゆったりめのラスト“SL-2”を採用し、オフロード用のランニングシューズとして、1988年に登場したのが「M576」です。
スリムなシルエットのクラシカルなランニングシューズとは対照的で、丸みのあるつま先とポッテリとしたシルエットを描く代表的な存在で、”街履き”にも適し、ルーズなシルエットを好むストリートなスタイルにもフィットし、注目されることに。

インラインのリリース後には、アメリカのスニーカーショップ「フットロッカー」のみで展開された、スームスレザーやヌバックをアッパーに採用した限定モデルが登場。そのバリエーションの豊富さがストリートシーンで高い評価を得て、一気に街を席巻。グリーンやレッド、ブラックなど豊富なカラーリングの「M576」を履く若者は日に日に増え、一気に盛り上がっていきます。

それを追うように、1990年代後半にはイギリスのスニーカーショップ「JD」が別注したネオンカラーや、ゴールドを取り入れたカラフルなラインナップも登場。ロンドンのストリートシーンでもファッションアイテムとしての地位を獲得します。

ニューヨーク、ロンドンでの人気を受け、日本でもブレイク。その後、レザーシューズのカラーリングをモチーフにして日本企画で登場した「コードバン」は一大旋風を巻き起こし、東京を起点に世界にも拡大、感度の高い人達の足元には「M576」が定着、不動の人気を誇るモデルへと成長を遂げます。

1980年代、アメリカに羨望感を抱く人々によって大きな話題となった「M1300」。その盛り上がりを日本でのニューバランスのファーストブレイクと考えるなら、「M576」の登場こそがセカンドブレイク。スニーカー愛好家たちの足元には欠かせない存在となり、いまだストリートシーンでも愛されています。

illustration:Shogo Sekine