BETA PEOPLE

BETA PEOPLE vol.08 : WALNUT

2016.02.19

ニューバランスが掲げるスローガン「ALWAYS IN BETA」。それを体現すべく、現在進行形で理想の自分へ向かい、進化し続けている人たちを紹介しよう。Vol.8となる今回は、〈ニューバランス〉のブックや、昨年開催されたBETA NIGHTでもイラストを手掛けてくれたイラストレーターのWALNUTの登場だ。

ピンと姿勢を伸ばして、スイスイスイと描いていく。「うん。いいライン描けました」と、ペンを走らせるその先には、鮮やかな配色の〈ニューバランス〉。「思ったよりも複雑な形をしているし、細かいんですね。ツーっとなっていたのに、突然ガタガタしていたり、挿し色や線が入ってきたり。良く見ないと気付かないことが多かったです」。実物もいいけど、WALNUTが描いたスニーカーは、思わず額に飾ってしまいたくなるほど素敵で、そしてどことなく親近感の湧く作品だった。

01

「高校の頃から油絵をやっていて、芸術大学へ行った時も、ずっと古典的な油絵を専攻していたんです。なのですが、大学4年の時にイラストを描き始めたら、こっちの方がイキイキしているということに気が付いて。イラストを描くことに楽しさを見出しイラストレーターとして活動を始めたWALNUT。大阪の人気レコード屋のグッズを手掛けたことをきっかけに、仕事が舞い込むようになる。そして、Instagramを通じて木村カエラ10周年LIVEグッズのイラストを手掛けるようにもなった。

「普段は人に物事を伝えずに1人で描いていることが多いので、カエラさんの仕事で、様々な人たちと意見交換できたことは、凄く勉強になりました。でも私は元々、自分が考えていることを上手く人に伝えることが苦手なんです。その言葉にできないフラストレーションをイラストにぶつけているというか(笑)、ネガティブな感情がエネルギー源だったりするんです。人を描いた時に、笑っている人を描かないのはそのせいかもしれません」。可愛らしいイラストは、良く見るとシュールでリアリティがある。そのグッとツボをついてくる感じが、人の心を掴んで離さないのであろう。

ところでWALNUTは大の映画好き。普段から映画をいろいろと観ているそうで、イラストも、映画のワンシーンから得て描くこともしばしば。「実はキャラクターを1から作り出すのは苦手なんです。映画に出てくるキャラクターや、ファッションのコレクションなどを描く方が楽しいですね」。そんな彼女がやってみたいことは、映画のプロモーション。「ここ半年くらいずっと考えているんですけど、映画とイラストでコラボレーションをして、SNSなどの配信でプロモーションをやってみたいんです」。ちなみに昨年は、映画『mommy』DVD&Blue-Rayヒット記念イベントにてライヴペインティグを決行。とても楽しい経験だったそうで、イラストを通じてもっといろいろなことができるのではないかと考えている。

02 03

styling

シューズ:
ニューバランス WRT580〉12,800円(ニューバランス ジャパン お客様問相談室 TEL:0120-85-0997)
その他本人私物

※すべて税抜きの価格となります

photo:Tadamasa Iguchi (IN FOCUS)

WALNUT / イラストレーター

1989年生まれ。高知県出身。10代より絵画を学び成安造形大学へ。油絵を専攻しながら在学4年目にイラストに目覚め、イラストレーターの道へ。これまでに、木村カエラ10年記念LIVEグッズのイラストを手掛けたほか、世界各国のミュージシャンのグッズデザインを手掛ける。また2015年には映画『mommy』DVD&Blu-rayヒット記念イベントにてライヴペインティングを決行。ファッション関係とも交流が深く、「MARC BY MARC JACOBS」や「COACH」のイベントでライヴペインティングを担当をしたり、「LUMINE THE BARGAIN」のイラストを手掛けたりもしている。
http://walnut-illustrations.com