BETA PEOPLE

BETA PEOPLE vol.04 : 平尾成志

2015.08.17

ニューバランスが掲げるスローガン「ALWAYS IN BETA」。それを体現すべく、現在進行形で理想の自分へ向かって進化している人たちを紹介しよう。4人めは、日本伝統の盆栽を新しい試みで世界へ、そし次世代へと伝えようとしている盆栽師の平尾成志の登場だ。

京都の大学に通い陸上選手として活躍をしていた平尾さんが、盆栽の道への扉を開いたのは、とある休日だった。「休みの日に寺を回ることが多く、東福寺へ行ってみたんです。暑い夏の日で、蝉が鳴いていました。重森三玲の作品だったんですけど、格式のある寺の中で市松模様の庭が遊んでいたんです。その空間にエネルギーを感じて、眺めているうちに、自分もこの文化を継承したいなと思ったんです」。

01

後に、改めて盆栽を見た平尾さんは「コレだ!」と直感で感じ、盆栽のメッカである埼玉県盆栽町にある「加藤蔓青園」を訪ねる。そこで今は亡き加藤三郎氏と出会い、盆栽師への道を志すようになったそうだ。「師匠(加藤三郎氏)に初めてお会いした時、”これからの盆栽は海外だ”と、いきなり世界の話しをし始めたんです。師匠はその時85歳だったんですけど、その考えが凄いなと。それで弟子入りをすることを決めました」。そして、加藤三郎氏の最後の弟子となり4年半「加藤蔓青園」で修行。「海外のデモンストレーションで使いなさい」と、師匠から受け継いだゴールドの鋏を今も大切に持っているそうだ。

独立後は、海外へ出向きデモンストレーションを行ったり、アートギャラリーやDJとタッグを組んで盆栽のショーを開催したりと積極的に、他文化との交流を計っている。職人たちが集まる盆栽の世界においては、掟破りな行為なのかもしれない。でもそれが、平尾流。次世代へ盆栽の文化を繋げていきたいと強く願う、平尾さんが選んだやり方だ。

僕がやることは職人から見たらタブーと言われることが多い。でも自分は盆栽職人として、昔ながらの盆栽の伝統を受け継ぎながら、もっと沢山の人たちに盆栽を見てもらいたいと思っているんです。だからいろいろなジャンルの人たちと交流をする。でないと、日本から盆栽職人がいなくなってしまいますから」。自分よりも何年も長く生きている盆栽に対して、常に尊敬の心を持ち、長生きすることであろう盆栽の設計図を作りながら、盆栽の未来も考え活動をしている。

02 03

styling

シューズ:
ニューバランス FRESH FOAM ZANTE ML1980 AL〉18,000円(ニューバランス ジャパン お客様問相談室 TEL:0120-85-0997)
すべてスタイリスト私物
※すべて税抜きの価格となります

styling:Dai Ishii / photo:Tadamasa Iguchi (IN FOCUS)
04 05

styling

シューズ:
ニューバランス MFL574 AN〉12,800円(ニューバランス ジャパン お客様問相談室 TEL:0120-85-0997)
Tシャツ:
〈nonative〉 11,000円(vendor TEL:03-6452-3072)
その他スタイリスト私物
※すべて税抜きの価格となります

styling:Dai Ishii / photo:Tadamasa Iguchi (IN FOCUS)

平尾 成志 / Masashi Hirao

1981年生まれ。徳島県出身。京都産業大学在学中に訪れた東福寺の方丈庭園(重森三玲作)に感銘を受け、さいたま市盆栽町にある加藤蔓青園に弟子入りをする。修行後は、国内外で活動開始。様々な国で盆栽のデモンストレーション・ワークショップやパフォーマンスを行い、平成25年には文化庁文化交流使として世界11カ国を訪ねた。
http://jp.bonsaihirao.net