247

7 ARTISTS: KATE MOROSS

2017.02.03

7人のアーティストが描いた「247」~グローバルイベント東京~

<ニューバランス>の新品番「247」。24時間/7日間、人々の足元を快適にサポートするシューズとして誕生したモデルであり、その第一弾となる“247 Luxe”が1月7日に発売。そのリリースを記念して世界7カ国で、音楽やアートなどを取り入れたイベントが世界同時に開催されました。アーティストは24時間/7日間、絶え間なくインプットとアウトプットを繰り返し、常に進化しています。彼らを「247」の体現者と考えた東京では、国内外7人のアーティストに「247」をイメージして描いてもらった作品を展示しました。今回は、イギリスを代表するロンドン在住のアーティストのKATE MOROSSが登場。数字と言葉を使ったカラフルなアートを描いたのは、今回が初めてだそう。貴重な作品となった。

01

「たくさんの色を使うことは私をハッピーにしてくれるし、無限の可能性を感じるの」(KATE MOROSS)


—「247」のコンセプトを聞いて、どのようなことを思って今回の作品になったのかを教えてください。

KATE MOROSS:今回の作品では、数字や言葉を使って総柄を描いたんだけど、とても楽しい作品ができたと思う。スタイル的には、カラフルなキャンバスにいろいろな種類のタイポグラフィを使ったの。数字やタイポグラフィをモチーフにミックスした作品を今まで作ったことがなかったので、とても気に入っているわ。私は、細かい部分がたくさんあるものや、複雑なものを作るのが好きなの。なぜかって? そのほうが観る人によっていろいろと発見があるから面白いでしょう? あと、私は働きマンだから(笑)。「247」のコンセプトが、私にはぴったりだなと思ったわ。


—どのように数字や言葉を決めているんですか?

KATE MOROSS:いくつかの数字は数字でしかないのだけれど、形やレターのフォルムが好き。たくさんの数字が並ぶことは、私にとって意味深いものでもあるの。隠れたコードのようになっていて、私にしかわからない数字になっているのよ。


—色鮮やかで、観ているこちらがハッピーになります。

KATE MOROSS:実は作品を作り始めた時は、白黒ばかり使っていたの。色が怖かったのかも。今はたくさんの色を使って描いているから、考えると変な話なんだけどね。今でも白と黒を使ったグラフィックスタイルは好きなのだけど、あまり作らないですね。色は私をハッピーにしてくれるし、無限の可能性を感じる。だから、自分の作品の中でどれを探求するのかがいつも楽しみ。


—どのような工程で作品を仕上げているんですか?

KATE MOROSS:ドローイングはデジタルで描いていて、デジタルのペイントブラシを使っているわ。WACOMのPHOTOSHOPで手描きする。私は、絵を描くことがすごく好きなの。デジタルなら、いつでもどこでも好きな時に絵を描けるから。どうやってドローイングしているのかは、映像を観ればわかるかもしれない。


—ロンドンを拠点に活動されていますが、何か新しい発見はありますか?

KATE MOROSS:私はどんな内容の仕事でもすべて試してみたいタイプなんだけど、それが映像のディレクターからアニメーション、タイポ(書体)デザインから音楽番組のライブまで、いつでも自分の作品と世界を探求しているわ。今回、日本に来られたことにすごくエキサイティングしているの。日本は私の大好きな場所だし、来るといつもたくさんの新しいアイデアや記憶を持ち帰って、自分の作品にそれを投影するのよ。


—<ニューバランス>のシューズの中で、どのようなものが好みですか?

KATE MOROSS:<ニューバランス>のクラシックスタイルが好きで、なかでもカラフルなものが好きみたい。これから発売される、「247 Sport」の明るいオレンジ色が楽しみ。


—今後の予定を教えてください。また来日はしますか?

KATE MOROSS:2月5日(日)、6日(月)にはビームス原宿でライブペインティングをするのでぜひ見に来てほしいわ。5月にも来日してエキシビジョンを行う予定なので、また戻ってこられるはずよ。
http://betamag.newbalance.co.jp/news/247_kate_beams/

photo:Yoshiteru Aimono
text:Kana Yoshioka


KATE MOROSS(ケイト・モロス)

ロンドン在住のイラストレーター/アートディレクター。カラフルでエネルギッシュな作風で2008年頃から注目を集めた彼女は、ミュージックビデオ、テキスタイル、アイデンティティ、ミューラル、ファッション雑誌のカバーなど幅広いジャンルで活躍。また、数々のミュージシャンのビジュアルなどを手掛ける「STUDIO MOROSS」も立ち上げている。

http://www.katemoross.com/

「247」の発売を記念して、先日行われた「247 GLOBAL EVENT TOKYO」で展示された7名のアーティストによるアート作品が、先行販売7店舗のウインドウを飾ります。「247」をテーマに描き下ろされた7つの作品をぜひご堪能ください。

さらに先行販売7店舗では、それぞれのアーティストの作品がデザインされた限定の“オリジナルトートバッグ”を「247 Sport」の購入者を対象に、先着50名様へプレゼント。購入をお考えの方は、この機会に好みのアートが描かれたトートバッグも手に入れましょう。

tote-2
tote_

【2月4日(土)先行販売店舗 /ウインドウディスプレイアーティスト】

ERIC ELMS(ニューヨーク) ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893(MENS)
KATE MOROSS(ロンドン) ビームス原宿 03-3470-3947(MENS)
KAMI(日本) BILLY’S ENT 渋谷店 03-5466-2432
LETMAN(オランダ) JOURNAL STANDARD 表参道 03-6418-7961
CRAIG&KARL(ニューヨーク、ロンドン) mita sneakers 03-3832-8346
FAFI(フランス) ニューバランス原宿 03-3402-1906
HONET(フランス) ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5786-0555(WOMENS)
※写真上段左から、ERIC ELMS、KATE MOROSS、KAMI、LETMAN、写真下段左からCRAIG&KARL、FAFI、HONET